• SHARE
  • Share to X(Twitter)
  • Share to Facebook
-4. 安田泰三は劣等感の塊だった!?

ガラス作家とか職人とか言うじゃないですか。
でも、意外と一つの作品を一人では作れないんです。
そういうことに学校に入って初めて気づくんですよ。
例えば学校で教えてる先生とかすごい作品を作ってると思ってたんだけど、
実はぜんぶ外注だった、とか。
ベネチアのテクニックを使ってやってるっていう先生がいらっしゃったんだけど、
実はその先生、ベネチアに行って、こんな色でこんなものを作ってくれって言って
キャッシュで5千万とか払うんですよ。
で、できたものを持って帰ってきて、デパートとかで売ると10億くらいになるという…

へええええええ!

デザイナー作家って言うんですかね。
歳を取って火の前でずっとやるっていうのもまあ大変なんですけど、
他の世界もそうだと思うんですが、実際は弟子が作って最後にサインするだけとか、
生地を外注してペイントはここでやってとか、そういうことで作品が生み出されていく。
それって本当は自分で作ってないよね、っていうことが、だんだんわかってくるようになって、
僕は1から10まで自分でやりたいなと。
そういうことをするために作家になりたいんじゃないんだよ、と強く思ったんです。

なるほど…プロとしてごはんを食っていくということと、自分の作品を作るのとはまた別なんですね…

就職先でそれをやらせてくれるところはないんですよ。
デザインの部門、削る部門、吹く部門とか、ぜんぶ分かれてて、
自分は自分の作品をぜんぶ自分でやりたい、ということなら独立しかない。
もちろん独立して外注の仕事を受けてやってる人もたくさんいらっしゃるし、
切子の生地ばっかり作ってる人もいるし、名前は出さず生活のためにやってるわけです。

自分の作品を生み出すためにはそういうところとは
見切りを付けなきゃいけないですよね?

そうですね。
でも仕事を断る余裕はなかったんで、
そういうことをやりながら作品を作ったり、
自分の腕を磨く、みたいなことをやってたんですね。

おカネのための仕事と自分の作品づくりを
並行してやられてたんですね。

そうですそうです。
僕は劣等感が強くあったんでね。
学校にもたまたま受かってしまったんで…(笑)

劣等感?ですか?

学校に入れたのも、デッサンとかやったことなかったのに、
デッサンの先生が僕の絵を見て、あなた相当描き込んできましたねって。
でも、まったくそんなことじゃないというのは後ほどデッサンの授業でバレまして(笑)
あ…まぐれやったんや…君ね、ちゃんと基礎からやらないとダメだよって(笑)
他の人はデッサンをやりに来たんじゃない!実習をやらせろ!って
授業をボイコットするくらいの勢いだったのに、僕だけ基礎がなかったので
すごい劣等感があって。
だから、何か難しいことにチャレンジしなきゃいけない、みたいな感じだったんですよ。
ねじったり編んだり、ややこしいことをしなきゃ、みたいな(笑)
基礎がないのにいきなり立体でやり始めちゃうんですよ。
そうすると「もっとデザイン画を詰めてからやりましょう」って、
ずっと先生に言われてたんですけど。
でも、いま考えたらそういう人がいてもいいんじゃない?って思うんですけどね。
回転体だからデッサンで書いてもわからなくなるんですよ。

-5. 大型免許を取るかアラスカに行くか!?

そう言えば、いま乗ってらっしゃるオートバイってどんなやつなんですか?

ヤマハのSDRっていう2サイクルの単気筒のやつです。
100キロくらいしか出ないオートバイなんですがそれを中古で買ってきて、
ぜんぶバラしてまた組み上げるみたいなことをやってました(笑)

へーーー!すごい!
R18にまたがってみてどんな印象でした?

でかい!っていうのと、
ポジションがすごくラクだなあって。
ロングツーリングもいいなあって。

オートバイに乗られてる方だけあってまたがっても、
すごいサマになってましたね。

いやいやあんな大きいの乗ったことない(笑)

大型にチャレンジする気はないですか?

そうそう!大型免許は今年取りに行こうと
思ってたんですよ。

何かきっかけがあったんですか?

50過ぎたし何か新しいことをやってみようかなって。
いろいろチャレンジしてみようと。
だからというわけじゃなんですが、
明日からアラスカに行くんです。

え!?

でっかいクマが集まる世界一の密集地があるらしいんです。
コディアックベアっていって、大ヒグマの中でも特にでかいやつで、
サーモンをバリバリ食べに来るのをテント張ってひたすら見てるっていうツアー(笑)

はぁ!?

ケータイはつながらないし身の安全は確保されない。
世界にそんなところがあるんやと思ったら行ってみたくなって(笑)

写真:Joshua Hoehne on Unsplash

大型免許取るのはそこ行くよりよっぽどラクですよ(笑)

取りに行く時間がなかなか作れなくて…

アラスカ行く時間は作れるのに?(笑)

アラスカ行くために片づけなきゃいけない仕事がまだ山のようにあるんです…

あなたもRelation18にご参加ください。

メールアドレスの登録で、
イベントや新着記事のご案内、
さらには素敵なプレゼントもご用意しています。

○登録&インストアライブご来場でオリジナルステッカーをプレゼント

○登録&R18ご成約されたお客様は、専用ボディディテーリング&コーティング 50%オフ

BACK TO TOP